トップページ企業概要製品紹介販売代理店情報
製品インデックス
電力校正
TYPE 1010A
自動計測

スキャナ
TYPE 2301S
TYPE 3116M
TYPE 3108B
低熱起電力切替スイッチ
TYPE 9610A
校正ソフト
TYPE 4031A
792A自動化
TYPE 2011A
TYPE APSU792A

計測用変成器
変流器各種

ディケ−ド変成器
TYPE 6430A
TYPE 6435A

TYPE 6415A
TYPE 6425A

高精度分圧計
TYPE 6401A
誤差補償変流器
TYPE 6460A
TYPE 6461A
TYPE 6462A

LCR標準器
TYPE 6100A
TYPE 6100B

TYPE 6230A
TYPE 6233A

TYPE 6300B
HCSシリーズ
HLSシリーズ
WCSシリーズ
WRSシリーズ
可変LCR
可変抵抗器
TYPE SDR4-A
TYPE SDR4-B

可変コンデンサ
TYPE SDC4
TYPE SDC5

可変インダクタ
TYPE SDL4-H
TYPE SDL4-L
超高精度高電圧
キャパシタンスブリッジ
TYPE 1210-A
ノイズ対策部品
(零相リアクトル)
TYPE FCR
TYPE TCR
疑似電源回路網
TYPE 1120A
TYPE 1130A
マルチメータ校正ソフトウェア TYPE 4031A
本ソフトウェアは、マルチメータ校正用スキャナ(TYPE 3108B)の制御を行い、最大で8台の異なる種類のマルチメータの校正を自動で行うことができる校正用ソフトウェアです。
本ソフトウェアからスキャナ・キャリブレータ・マルチメータの制御を行うことにより、校正の開始から成績書の出力までを自動で行います。
1.特徴
1.1 自動化により夜間等機材の空き時間を使用することができ、校正作業の効率化を行えます。
1.2 最大で8台までの異なる種類のマルチメータの校正を自動で行うことができます。
1.3 校正手順を自由に作成することができます。
1.4 成績書は各種フォーマット(csv/xlsx/pdf)で出力することができます。
1.5 標準で直流電圧・交流電圧・直流電流・交流電流・抵抗の校正が可能です。
1.6 標準で複数種類のキャリブレータに対応します。
1.7 校正ポイント、マルチメータ情報等の指定のみで簡単に校正を実行することができます。

 


マルチメータ
校正ソフトウェア

TYPE 4031A

 

2.校正の流れ

2.1 校正プロセス作成画面で、校正ポイントを指定し校正プロセスを作成します。
2.2 校正実行画面でチャンネル毎に対象のマルチメータ、校正プロセス、マルチメータ情報を選択します。
2.3 接続確認ボタンを押下し、2.2 で選択した対象物が接続できていることを確認します。
2.4 校正開始ボタンを押下します。
2.5 全校正完了後、成績書を出力して終了します。
  • 本ソフトウェア以外のソフトウェアの開発も受け賜りますので御相談下さい
  • カタログの仕様は、改良により予告なく変更することがあります。