English Japanese トップページ企業概要製品紹介販売代理店情報
製品インデックス
電力校正
TYPE 1010A
自動計測

スキャナ
TYPE 2301S
TYPE 3116M
TYPE 3108B
低熱起電力切替スイッチ
TYPE 9610A
校正ソフト
TYPE 4031A
792A自動化
TYPE 2011A
TYPE APSU792A

計測用変成器
変流器各種

ディケ−ド変成器
TYPE 6430A
TYPE 6435A

TYPE 6415A
TYPE 6425A

高精度分圧計
TYPE 6401A
誤差補償変流器
TYPE 6460A
TYPE 6461A
TYPE 6462A

LCR標準器
TYPE 6100A
TYPE 6100B

TYPE 6230A
TYPE 6233A

TYPE 6300B
HCSシリーズ
HLSシリーズ
WCSシリーズ
WRSシリーズ
可変LCR
可変抵抗器
TYPE SDR4-A
TYPE SDR4-B

可変コンデンサ
TYPE SDC4
TYPE SDC5

可変インダクタ
TYPE SDL4-H
TYPE SDL4-L
超高精度高電圧
キャパシタンスブリッジ
TYPE 1210-A
ノイズ対策部品
(零相リアクトル)
TYPE FCR
TYPE TCR
疑似電源回路網
TYPE 1120A
TYPE 1130A
誤差補償変流器
TYPE 6460A
本器は、一次電流(5A)に対し、二次電流を 0 から120%の範囲で設定し、同相誤差10ppm, 直角相誤差10μ radの精度で出力しますので、各種校正業務での電流値範囲の拡大に使用すると便利です。
また、TYPE 6462A と組み合わせることによりさらに電流値範囲の拡大が出来ます。
1.特長
1.1 変流器の構造は、補償巻線を有する、二段変流器になっておりますので、設定値に対して高精度な二次電流を得ることが出来ます
1.2 0%から120%の範囲で1%の分解能で二次電流を出力します
1.3 IEEE-488インターフェイスの機能を有しておりますので、リモートコントロールが出来ます
1.4 構造は、アルミニウム合金を使用したシステムケースに組み込まれ、変流器部はモールド化を施してあるため、永年の使用に耐え、安全に諸特性を維持します
2.仕様
2.1 定格一次電流 5A(最大10A)
2.2 定格ニ次電流 一次電流の0から120%(分解能1%)
2.3 周波数 50Hz to 400Hz
2.4 同相誤差 10ppm
2.5 直角相誤差 10μ rad
2.6 定格負担 25VA
2.7 GPIBインターフェイス 標準装備
2.8 電源 100V ac (50Hz to 60Hz)
2.9 寸法(W×H×D)mm 450×130×430
2.10 重量 約15Kg
  • 本器は、日本電気計器検定所殿の技術指導を仰ぎ開発したものです。
  • 当社では、カタログ以外の製品も個別 に受け賜りますので御相談下さい
  • カタログの仕様は、改良により予告なく変更することがあります。